電車内のマナーは守ろう

MENU

電車のマナーについて見直そう

 

移動に便利な電車。車を持っていない人や、車で行きづらい場所へ出かける時は電車を利用するでしょう。

 

電車は大勢の人たちが利用する公共交通機関です。もし電車に乗る時は全員が気持ちよく使えるよう、しっかりマナーを守ること。

 

とても残念なことですが、今、電車内で不快さを感じる人が増えているようです。

 

人間とは忘れていく生き物ですから、時が経つにつれて大切に守られていた電車内でのマナーが薄れつつあるのかもしれません。

 

よく電車に乗っているなら、今一度「マナー」について考えてみるとよいでしょう。

 

まずは基本的なマナーから振り返ってみて下さい。

 

電車に乗るときの主なマナーについて

 

電車の乗り降りをする時、「電車から降りる人が先」なのがマナーです。降りる人がいなくなったのを確認してから乗る、ということです。

 

次に座席の使い方。座席には靴のまま上がってはいけませんし、また2人分の座席に1人で座るといった行為もよくありません。

 

空いているのであれば問題ありませんが、混雑している場合は詰めて大勢の人が座れるよう気を遣うとよいですね。

 

最後に電車内での飲食です。飲食をしてはいけないという禁止事項はありませんが、においがきつい食べ物や飲み物は不快感を与えるため避けたいところです。