MENU

顔文字は使いやすいのがいい

 

ネットでの交流は文字のやりとりがメインです。スカイプなどのアプリケーションを利用すれば音声会話もできるようになりますが、やはりメッセージの方が便利に感じますよね。

 

しかし、文字だけでは伝わらないことがたくさんあります。感情を少しでも相手に伝わりやすくするよう、考えられたのが顔文字の存在です。

 

顔文字で記号を入れることで、自分がどんな感情を抱いているのかを相手に伝えることができます。

 

今は機種依存文字を使った顔文字も多く広まっているため、文字でのやりとりに顔文字を使う人は多いのではないかと思います。

 

顔文字を使うのであれば注意が必要

 

実は「使われるとイラッとする顔文字」というのがあり、そんな気はなかったとしても相手を苛立たせている可能性があるからです。

 

特に評判が悪かったのはプッと笑うような顔文字で、使われると「馬鹿にされているのかと思ってしまう」のだとか。

 

また、人によっては顔文字を使った文章が苦手な人もいます。気心が知れた相手以外には、あまり頻繁に使わない方がよさそうですね。

 

無難なのは!や?といった一般的な記号でしょうか。