物忘れが激しいなら

MENU

物忘れに気をつけよう

 

「物忘れ」は「ただ忘れっぽいだけ」「ちょっとうっかりなだけ」と簡単に済ませてしまいがちですが危険な病気が潜んでいる場合があります。

 

「○○なだけ」で終わらせないで、物忘れが激しいと感じたなら病院へ行き診察を受けるようにしましょう。

 

今は物忘れ外来というものがありますし、病気を発見しやすくなったと言えます。では、物忘れを引き起こす病気とはいったいどんなものなのでしょうか。

 

まずは「うつ病」です。あちこちで話題に上がっているうつ病ですが、うつ病が原因で物忘れが激しくなることもあります。

 

他にもうつ病の症状が見られるようなら心療内科へ行くのも手でしょう。心療内科と言われると躊躇してしまいますが、病気を治すためには必要なことです。

 

それから「脳腫瘍」ですね。一般的に見るとこちらの方が恐ろしく感じることでしょう。

 

脳に腫瘍があると物忘れが激しくなりますので要注意です。脳腫瘍以外では「硬膜下血腫」でしょうか。

 

こうして見てみると脳の疾患が物忘れに強く影響していることがわかります。物忘れ=脳の疾患、というわけではありませんが、常日頃から気をつけておいた方がいいですね。

 

日常生活に支障をきたすほど物忘れが激しくなったら受診しましょう。