略語や略称が多い

MENU

知らないうちに略語や略称を使っていることもある

 

日常会話の中にもインターネットの世界にも多数ある略語。なんとなく使っている言葉も、実は略語かもしれません。

 

有名なところで言えば「コンビニ」ですね。すっかりコンビニという名称が定着していますが、正式名称は「コンビニエンスストア」です。

 

そして社会人からも学生からも愛される文房具のシャーペン。シャーペンもシャープペンシルの略称です。

 

そしてスマホが普及してからよく聞くようになったアプリ。アプリも略語で、正式名称は「アプリケーションプログラム」となります。

 

そしてさらに略した言葉「アプリケーション」の略称がアプリ…と、どんどん略されていっているのです。

 

最近、インターネット上で頻繁に使われているのがネガキャン。ネガキャンの正式名称は「ネガティブキャンペーン」です。

 

具体的にどういう行為を指すのかと言いますと、Aをよく見せるためにBの欠点を攻撃して宣伝すること、です。

 

これはネットスラングではなく、以前から使われていた言葉です。こちらも略称となっていますね。

 

ちなみに「FB」は話題のSNSでもあるフェイスブックの略称。ここまで略称がたくさんあると正式名称をきちんと覚えるのが大変そうです。