代引き詐欺が増えている

MENU

代引き詐欺の手口とは

 

昔からある「詐欺」は時代に合わせて少しずつ形を変えていき、巧みに人を騙し欺くのです。詐欺の被害に遭わないためには知識を少しでも身につけておくことが大切です。

 

今、被害に遭う人が多いと言われているのが「代引き詐欺」です。宅配業者を装い、代金引換の荷物と偽って金銭を支払わせる、という仕組み。

 

簡単ですぐに見破れそうな気がしますが、これが意外と難しいのです。では、代引き詐欺に遭わないためにはどうすればいいのでしょうか。

 

家族間でしっかり連絡をとる

 

代金引換の荷物を購入したら、必ず家族に伝えること。常日頃から連絡をしっかりしておけば、伝えられていない代金引換の荷物が届いた時に怪しむことができます。

 

身に覚えのない荷物なら本人に確認

 

身に覚えのない代金引換の荷物を怪しいと感じたら、まず本人に確認しましょう。家にいるなら話を聞き、家にいないなら電話をしてみて下さい。

 

支払わずに断る

 

「そんな荷物は頼んでいない」もしくは「電話に出なかった」場合は受取を断ること。「持ち合わせがない」「本人に確認がとれない」などの理由が無難ですね。

 

最後に「もう一度来て下さい」と言うのがポイント。ほとんどの場合、もう一度来て下さいと言った場合は2度と来ないと言われています。